ここから本文です

ピッコマ新連載「デブキャバ」群馬県太田市のNo.1キャバ嬢、25kg増で出戻り

7/26(水) 16:30配信

コミックナタリー

佐藤ちろ原作によるナガイの新連載「デブキャバ」が、ピッコマでスタートした。

「デブキャバ」の主人公は、群馬県太田市の場末キャバクラ・ミラージュでキャバ嬢として働いていた橘恭子。彼女は人気絶頂の最中、結婚を理由に引退する。それから10年の時が経ち、ミラージュの採用面接に恭子が登場。25kg太り、見た目が大きく変わったが、彼女は再びナンバーワンの地位に返り咲こうとしていた。