ここから本文です

アラフォージャニーズ座談会で国分太一が明かした「TOKIO」の解散危機

7/26(水) 9:14配信

スポーツ報知

 26日放送のTBS系「ビビット」(月~金曜・前8時)で「アラフォージャニーズ座談会」と題しTOKIOの国分太一(42)、城島茂(46)、山口達也(45)、V6の坂本昌行(46)、長野博(44)の5人の座談会が放送された。

【写真】国分太一が困惑「僕の知っている松居一代さんではない」

 座談会では、国分太一が過去にTOKIOの解散危機を告白した。「あんまり話さなかった時期があった」と明かし、デビュー10周年を越えたあたりで、バラエティー番組では話をするが一番大切な音楽について話をしなくなった時があり、「変な空気が流れましたね」と振り返った。

 この危機を「5人で集まろう」と呼びかけ「腹を割って話した」という。お互いに音楽についての思いを明かし、互いの思いに気づくことができ解散危機を回避。この話し合いを経て「ステージ一段上がった」と国分は振り返っていた。

 リーダーの城島は今の夢を「全員白髪になってもバンドやってること」と明かし、5人のメンバーが結束してバンド活動を続けることを誓っていた。

最終更新:7/26(水) 9:27
スポーツ報知