ここから本文です

DeNA・梶谷、倉本が適時打 2位タイの阪神相手に二回に先制

7/26(水) 18:36配信

デイリースポーツ

 「阪神-DeNA」(26日、甲子園球場)

 DeNA・梶谷隆幸外野手が、先制打を放った。

 二回無死一、二塁の好機。1ボール2ストライクと追い込まれながらも阪神・小野の変化球を捉え、一塁手・ロジャースのグラブをはじいてしぶとく右前に運んだ。二走の宮崎が生還し、1点を先制した。

 さらに梶谷は盗塁を決めて、1死二、三塁と好機を広げると、倉本も右前適時打を放ち、2者が生還。この回3点を奪った。

 梶谷は「ここ最近は調子が良くなかったので考え過ぎずに、来たボールを素直に振っていこうと思って打席に向かいました。先制のタイムリーヒットになって良かったです」とコメントした。

 2位タイで並ぶ阪神に勝てば、今季初めて単独2位となる大事な試合で、打線が勝負強さを発揮した。

スポーツナビ 野球情報