ここから本文です

中邑真輔、コービンに快勝!ジョン・シナとのWWE王座挑戦権争奪戦が決定

7/26(水) 15:34配信

スポーツ報知

 米バージニア州リッチモンドで25日(日本時間26日)に行われたWWEスマックダウンで中邑真輔(37)が因縁の相手・バロン・コービン(32)とのシングル戦に挑んだ。

 23日(同24日)のPPV大会「バトルグラウンド2017」では、コービンが中邑の股間を蹴り上げて失格判定。消化不良な結末に遺恨を深めた中邑にとっては、まさに負けられない一戦となった。

 試合はお互いの大技を掛け合うも巧妙に避けられる展開。終盤、コービンがまたしても反則の股間蹴りを繰り出すが、中邑はこれをかわすと、エルボー、膝裏蹴りでコービンを崩し、さらに後頭部、正面と2連続でキンシャサを決めて勝利を収めた。

 屈辱を晴らした中邑に、この日、新たな対戦カードが発表された。

 リングに登場したWWE王者ジンダー・マハル(31)にジョン・シナ(40)がPPV「サマースラム」での王座挑戦を表明。しかし、「試合を決めるのは君ではない」とブライアンGMは次回、シナ対中邑のWWE王座挑戦権争奪戦を行うことを決めた。

 シナとの大一番が決定した中邑。果たして次回、シナに勝って、PPV「サマースラム」でWWE王座に挑戦することができるのかに注目が集まる。

最終更新:7/26(水) 19:09
スポーツ報知