ここから本文です

【巨人】広島に今季負け越し決定…京セラDで関西ゆかり3投手リレーも完敗

7/26(水) 21:10配信

スポーツ報知

◆巨人2―7広島(26日・京セラドーム大阪)

 巨人は首位・広島に2―7で完敗し3連敗となり、首位とは今季最大の17ゲーム差となった。広島との対戦成績は3勝13敗で、今季のカード負け越しが決定した。京セラドーム大阪で行われたこの日、巨人は先発・畠(近大卒)、2番手・中川(大阪・富田林市出身)、3番手・桜井(神戸市出身、立命大卒)と関西ゆかり3投手リレーだったが、計7失点だった。

 先発のドラフト2位・畠は広島から6回で11三振を奪い、球団新人で11人目となる2ケタ奪三振だったが5失点(自責4)。初回、鈴木に先制2ランを浴びると、3回には丸に2ラン。5回には守備の乱れの間に1点を失った。

 2番手の中川は2イニング目となった8回にエルドレッドに一発を浴び、9回に登板した3番手の桜井は犠飛で1点を奪われた。

 巨人打線は7回にマギー、坂本、阿部の3連打で1点を返し、8回には長野の適時二塁打で1点を加えたが及ばなかった。

 巨人はこの日の黒星で広島戦13敗目となり今季のカード負け越しが決定。なお、昨季は12勝13敗だった。

最終更新:7/26(水) 21:17
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/24(木) 16:20