ここから本文です

【札幌】タイ代表の158センチドリブラーが上々の日本デビュー

7/26(水) 22:30配信

スポーツ報知

◆YBCルヴァン杯 ▽プレーオフステージ 第2戦 C大阪1―0札幌(26日・キンチョウスタジアム)

 第1戦に敗れていた札幌は0―1でC大阪に連敗し、2戦合計0―3で20年ぶりの決勝トーナメント進出を逃した。

 前半26分にC大阪に先制を許し、敵地で3得点以上の勝利が必要になった。すると後半開始から、今夏加入のタイ代表のドリブラー、MFチャナティップ(23)を反撃へのキーマンとして投入。日本デビュー戦となった背番号18は当初ボランチに入ると、トップ下の元日本代表MF小野と積極敵にポジション変更するなど局面打開を図った。

 同28分には意表を突く縦パスから札幌の決定機を演出。惜しくもFW上原の右足シュートは枠を外したが会場を沸かせた。日本代表と同組のW杯アジア最終予選に出場していることもあり、C大阪サポーターからも「タイのメッシだ」との声も飛んだ。

 初陣の45分間を戦い終えたチャナティップは「負けたのは悲しい。申し訳ない」とつぶやいたが、「いいプレーはできた」と手応えもあったようだ。29日にはホームでのJ1浦和戦が待つ。この日は無得点も、「スタメンで出られるように練習していきたい」と視線を上げた。

最終更新:7/26(水) 23:24
スポーツ報知

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合