ここから本文です

【山形】山形中央、3年ぶりVならず…高校通算53発の大泉「悔いはない」

7/26(水) 22:59配信

スポーツ報知

◆全国高校野球選手権山形大会 ▽決勝 日大山形16―3山形中央(26日、荘銀・日新)

 ノーシードから勝ち上がった山形中央は、第1シードの日大山形に敗れ、3年ぶり3度目の夏の甲子園出場はならなかった。

 主将を務めた3番・大泉周也左翼手(3年)は、3点を追う3回2死一塁で、中堅へ一時は1点差に迫る2ラン。今大会、自身1号となる高校通算53発目で意地を見せた。

 最後は大きく突き放されてしまったが「最後まで誰も諦めず、庄司(秀幸)監督の野球ができたので悔いはない」と大泉。「秋も春も負けて、一番下からはい上がってきた。最後の夏は楽しめたかなと思う」と、涙はなかった。

 今後については「最終的にはプロに行きたい」と、希望していた。

最終更新:7/26(水) 22:59
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/21(月) 6:25