ここから本文です

【広島】F東京に敗戦も4バックに光明 MF青山「自信になる試合だった」

7/26(水) 23:01配信

スポーツ報知

◆YBCルヴァン杯 ▽プレーオフステージ 第2戦 F東京1―0広島(26日・味の素スタジアム)

 F東京がDF室屋成のゴールで広島を下し、8強に進出した。

 広島は従来の3―6―1のシステムから4―2―3―1に変更した。前半はボールを支配したが得点を奪えず、後半19分に右ウイングバックのF東京DF室屋に中央への侵入を許し、豪快なミドルシュートを浴びて失点。後半34分までに3枚の交代カードを使い得点を狙ったが、最後まで1点が遠かった。

 ヤン・ヨンソン新監督は「善戦できた。うまくいい攻撃ができなかったが、接戦のいいゲームができた。カップ戦は次に進めなかったが、リーグ戦に向けてまた集中してやっていきたい」と敗戦にも前を向いた。

 MF青山敏弘も「勝ってもおかしくなかったと思う。前向きな内容だった。自信になる試合だった。今日みたいな失点はなくさないといけないけど、(4バックに)違和感はない。自信はありますよ」と前向きにコメント。G大阪から加入したDF丹羽大輝は「監督のやり方は理解できている。次につながる試合ができた。もっといいバランスをとってやっていけばもっとよくなる」と自信を見せた。

最終更新:7/27(木) 3:53
スポーツ報知