ここから本文です

高杉真宙&横浜流星、高校のクラスメイトの2人がドライブ旅 バンジーも初挑戦

7/27(木) 12:51配信

オリコン

 俳優の高杉真宙、横浜流星が、5日放送のBS朝日『極上空間』(毎週土曜 後10:59~23:30)に出演。実は高校のクラスメイトだったことを初めて明かした2人が、プライベート感たっぷりで千葉にドライブし、グルメや名所を満喫する。

【写真】バンジージャンプに挑戦した高杉真宙&横浜流星

 同番組は、仲良しの二人がドライブをしながらトークし、お互いが行きたい場所や好きな事にチャレンジ。今回登場する2人は、車中という密室の中で高校時代の思い出話に花を咲かせる。お互いの第一印象について、横浜が「俺は心を許してくれないかなって思ってた」と振り返ると、高杉も「関わることないと思ってた」と当初はすれ違い状態だった模様。その後、高杉が高校2年の時に『仮面ライダー鎧武』に出演し、横浜が戦隊ヒーロー番組のオーディションを受け始めたころから親しくなったという。

 また、高杉が「小学6年でスカウトされた時、女の子と間違えられてた」と芸能界入りのきっかけや、お互いの役者論についても真剣にトーク。ドライブでは今話題の『神秘の滝』を訪れ、ランチには卵かけご飯を堪能、そして最後は、マザー牧場で“バンジージャンプ”に初挑戦するなど、親友同士の旅は大いに盛り上がった。

 収録後、高杉は「一年くらい会ってなくて…久しぶりに丸一日一緒にいられたので、すごく楽しかったです。今まで、ご飯に行ったりした事はありましたが、どこかに遠出して遊びに行く事自体も初めてだったので、新鮮でもありました」と親友とのドライブに満足げ。人生初バンジーも「やる前は『怖くないだろう』となんとなく思っていたんですけど、飛ぶ場所に立った瞬間はやっぱり怖かったですねぇ。ただ、飛んだ時も飛んだ後も、ものすごく楽しかったので、その表情をぜひ楽しみにしてほしいです!」と充実感たっぷりに振り返った。

 横浜も「2人きりでドライブに行くっていうのは初めてでしたし、丸一日一緒に居られて、本当に楽しかったです。ずっとやってみたかった『バンジージャンプ』もやれたし、真宙も喜んでくれたみたいで良かったです」とコメント。今回は横浜の運転でのドライブとなったが「真宙は今、免許習得中らしいので今度は真宙に運転してもらって遠出ができたら良いなと思います」とエールを送っている。

最終更新:7/27(木) 12:52
オリコン