ここから本文です

利上げはもう十分? イエレン議長ともサヨナラへ?

7/26(水) 14:20配信

投信1

7月25日、26日の両日、米連邦公開市場委員会(FOMC)が開催されます。声明文の発表は日本時間の27日午前3時ごろの予定です。バランスシートの縮小開始を目前に控えた今回のFOMCでのポイントをまとめてみました。

BS縮小は次回9月会合で決定へ、一部に前倒しで今回との声も

今回のFOMCのポイントは2つあり、1つはバランスシート(BS)の縮小をいつ開始するのか、もう1つは次の利上げはいつになるのかということです。

バランスシートの縮小開始に関しては9月で大方の見方が一致しています。前回6月のFOMC後の記者会見で、イエレン議長は年内開始を明らかにした上で、「比較的早く」開始すると述べ、縮小案も公表しています。

また、7月12日の議会証言でも「比較的早く」と念を押していますので、記者会見の予定がある9月FOMCでの決定が有力視されています。

6月のFOMCでは、保有している債券の償還分の再投資について、当初は米国債を月額60億ドル、モーゲージ証券(MBS)を月額40億ドルずつ縮小し、3カ月ごとに上限を引き上げて1年後には米国債を月額300億ドル、MBSを月額200億ドルずつ縮小するとしています。

少数意見ではありますが、既に縮小案が公表されていることもあり、今回のFOMCで開始が決定されるとの見方もあります。開始を急ぐ理由は主にトランプ政権の混乱にあります。

トランプ政権は相変わらずロシア疑惑に揺れており、オバマケアの改廃案も迷走したままです。

米議会予算局(CBO)は遅くとも10月半ばまでに債務上限で合意できなければ債務不履行(デフォルト)の恐れがあると指摘していますが、予算審議は難航が見込まれており、その影響で一部の債券利回りが上昇し、デフォルトリスクを織り込み始めています。

こうした混乱が見込まれることから、バランスシートの縮小も可能な限り前倒ししてくる可能性もあるのではないかと見られています。

声明文では次回利上げのヒントを探す

次回の利上げについては意見が分かれています。12月との声がやや優勢ではありますが、来年以降に先送りとの見方も少なくありません。

FOMCメンバーによる6月の見通しでは、年内にもう1回の利上げを見込まれていることが12月に追加利上げを支持する根拠となっています。

一方、利上げが先送りされるとの見方はインフレ率の低下を警戒しています。

イエレン議長は、6月FOMC後の記者会見でインフレ鈍化は一時的との見方を示しましたが、3週間後に公表された議事録ではインフレ鈍化を懸念しているメンバーが複数おり、FOMC内でインフレに対する見方が分かれていることが判明しています。

さらに、今月の議会証言でイエレン議長が「今後数カ月の物価動向を見極める」と発言し、インフレに対して慎重な見方を示したことが12月の利上げ観測を後退させています。

今回のFOMCでは記者会見や経済見通しの公表はありませんので、当日発表される声明文のみがヒントとなり、3週間後に公開される議事録で内容を確認する運びとなります。

声明文でのポイントは、

 1.バランスシートの縮小を次回9月の会合で開始することが示されるのか
 2.次回利上げのヒント、特にインフレに対する見方に変化はあるのか
ということになりそうです。

1/2ページ

最終更新:7/26(水) 14:20
投信1