ここから本文です

「裁判官が死刑にしてくれる」 障害者施設殺傷事件から1年、被害男性と家族の苦悩

7/26(水) 7:01配信

AbemaTIMES

(C)AbemaTV

 2016年7月26日、神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」が元施設職員の男に襲撃され、19人が死亡、27人が重軽傷を負う事件が起こった。

 時事通信社の記者が植松聖被告とやりとりした手紙には、次のように記されている(抜粋)。

「障害者は人の幸せを奪い、不幸をばらまく存在」
「面倒な世話に追われる人はたくさんいる」
「意思疎通が取れない人間を安楽死させるべき」
「不幸がまん延している世界を変えることができればと考えた」

 到底受け入れられる言葉ではないが、一方で社会は障害者を受け入れていると言えるのか。24日夜放送のAbemaTV(アベマTV)『AbemaPrime』では、植松被告に刺された被害者とその家族の1年を追った。

「ついこの間事件があったって感じです」

 事件から1年となる前の24日に行われた追悼式には、犠牲者の遺族や関係者らが参列し黙とうを捧げた。津久井やまゆり園の入倉かおる園長は「そばで一緒に過ごしていた仲間の1人として、言葉にならない悲しみ、哀悼の思いを胸にこの1年過ごしてきました。あの日、守ってあげることができなかったことの申し訳ない思いで、時間が止まったような1年でした。本当に申し訳ありませんでした。これから私たちはどうしていけばいいのでしょうか」と涙ながらに話した。

 津久井やまゆり園家族会・大月和真会長も「私たちのささやかな幸せが、わずか30分あまりの残忍な犯行で踏みにじられてしまった悔しさが、ときに触れ、折に触れ、こみあげてきます。卑劣な犯人を決して許すことはできません」と、悔しさを滲ませた。

「意思疎通できない障害者は生きていても仕方がない」
「障害者なんていなくなればいいと思った」

 植松被告が取り調べで供述したこの言葉と、真正面から闘う被害者家族がいる。尾野一矢(かずや)さん44歳。知的障害があり、知能は4~5歳ほどで自閉症を抱えている。

 一矢さんは、21歳を過ぎたころから津久井やまゆり園で暮らしていた。事件当日は、自分の部屋で寝ていたところを植松被告に襲われ、首や腹など複数箇所を刺されていたという。

1/4ページ

最終更新:7/26(水) 11:53
AbemaTIMES