ここから本文です

都会での華やかな生活を捨てて…田舎でカフェ開業

7/26(水) 9:36配信

CNA秋田ケーブルテレビ

CNA秋田ケーブルテレビ

秋田県山本郡三種町に、ひとりの男性が人生のチャレンジを賭けたカフェをこの7月にオープンさせました。

その名も、地名の鹿渡(かど)を掛けた「わらうかど」。
このお店を営むのは、東京に家まで購入したのに、単身三種町の地域おこし協力隊に加入し、この7月にわらうかどをオープンした市川聡明(としあき)さんです。
    
店内は純喫茶という名のとおり、知り合いが譲ってくれたり、廃校から譲り受けたレトロな機器が置かれ昭和を感じさせます。

自慢のコーヒーと、自家製のワッフルなどのメニューで憩いのひとときを過ごすことができます。事務職への従事が長かった市川さんは、潟上市の「ワッフルカフェサイン」で接客や、調理を学んだそうです。

どこか懐かしい雰囲気の純喫茶で笑顔の花を咲かせてみませんか?


純喫茶わらうかど 
(道の駅ことおか ふるさと資源情報センター内)

秋田県山本郡三種町鹿渡字高石野123-2
0185-88-8237 営業時間 午前10時~午後5時 定休日/毎週水曜日

CNA秋田ケーブルテレビ