ここから本文です

【動画解説】台風5号 週末には本州に影響 新たな台風のきざしも

7/26(水) 13:09配信

ウェザーマップ

 台風5号が日本に近づいて今週末からは本州でも影響が出てくるおそれがあります。今後台風になりそうな熱帯低気圧や北陸・東北の梅雨明けについても詳しく解説します。

 台風5号は今後も強い勢力を維持したまま週末には小笠原諸島に近づきます。週末以降の予報円は大きく、本州の南に停滞した後どちらの方角に進むかまだわかりません。

 フィリピン付近には今後台風になりそうな熱帯低気圧があり、この低気圧と台風5号の位置が近くなるために予測が難しい状況となっています。
 
 ただ、今後少なくとも影響が出てくるのが波です。今週末は東~北日本の太平洋側で波が高くなるため、海でのレジャーの際は注意が必要になります。

 あす27日(木)はまだ台風が離れているため晴れるところが多いですが、28日(金)以降は北陸や東北では湿った空気や前線の影響を受けるため、曇りや雨の日が多くなる見込みです。平年ですと北陸や東北でもそろそろ梅雨明けとなりますが、今年は8月にずれ込むかもしれません。(気象予報士・河津真人)

 ※午後1時半追記 熱帯低気圧は台風9号に変わりました。

最終更新:7/26(水) 13:32
ウェザーマップ