ここから本文です

相模原障害者殺傷から1年 施設の再建めぐり“割れる意見” 被害者家族「やまゆり園には家族以上の交流があった」

7/26(水) 9:00配信

AbemaTIMES

 2016年7月26日、神奈川県相模原市の知的障害者福祉施設「津久井やまゆり園」が元施設職員の男に襲撃され、19人が死亡、27人が重軽傷を負う事件が起こった。

 植松聖被告の「障害者は生きていても仕方がない」という言葉と闘う、事件の被害者・尾野一矢さんと父・剛志(たけし)さん、母・チキ子さん。24日夜放送のAbemaTV(アベマTV)『AbemaPrime』では、尾野さん家族を交え「障害は不幸なのか」を議論した。

「大変さを感じたことはない」

 「障害のある子供を持つことは大変ではないか?」。この質問に剛志さんは、「私は本当にそういうことを感じたことはありません」と断言する。「一矢と出会った4歳の時から可愛いと思ってます。普通の子だと思っていろんなところに出かけて、いろんな遊びをしてきたし、僕に限っては全然感じたことはないです」と話した。チキ子さんも「普通の子でも、障害を持った子でも、心配は心配、楽しいは楽しい。皆同じだと思います」と答えた。

 こういった事件の被害にあった場合、PTSD(心的外傷後ストレス障害)に悩まされるケースも多い。医療の専門家たちと被害者の家族との間のコミュニケーションも重要になってくる。

 現在一矢さんがいる「やまゆり園 芹が谷園舎」には、内科の医者が月曜から木曜まで常駐し、精神科の医者も週に1度訪れているという。医療面に関しては「あまり心配していない」と剛志さん。看護師も常時4人おり、「恵まれた施設。一矢を入れさせていただいて感謝している」と話した。

 この1年、一矢さんのそばにいた剛志さん。同じような被害にあった入所者が本当に必要としていることはどんなことなのだろうか?

 「入所者の方たちのケアをできるのは、家族だけだと皆さん思っている。実際に僕たちも1週間に1回しか会えません。でも職員の方々はずっと過ごしてくれているので、ありがたいなと思っているし、ひょっとしたら息子は僕なんかよりも職員の方がいいんじゃないかなと思う時もあるんですよね。職員の方が利用者に寄り添って支えてくれている」と話す。さらに、「発作も自傷行為も何年ぶりかに起きた。PTSDなのかなと思うし、僕らの寄り添い方が足りなかったのかなと思いますし、そういう反省の方が大きいです。できれば自分たち親が少しでも寄り添ってあげないと」という考えで一矢さんに接していることを語った。

 医療面での不安はないものの、「一矢にも意思はあるが、頭の中にインプットされていない言葉や文言を問いかけても反応がない。一矢の持っている意思を確認したいけど、できていない。40年一緒にいる僕らが分からないのに、専門家の先生が1週間や10日に1回来て、1年や2年で一矢だけでなく利用者の意思を確認できるのかが不安です」と思っていることを明かした。

1/3ページ

最終更新:7/26(水) 11:51
AbemaTIMES