ここから本文です

「世界で最も重い女性」、術後の経過を発表

7/26(水) 9:20配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【7月26日 AFP】「世界で最も重い女性」とされ、減量のための大手術を受け、その後も治療を続けているエジプト人女性が24日、アラブ首長国連邦(UAE)アブダビ(Abu Dhabi)で行われた記者会見に登場し、減量の進み具合を見せつけた。

 エマン・アフメド・アブド・エル・アティ(Eman Ahmed Abd El Aty)さんは今年2月、インド・ムンバイ(Mumbai)の病院に入院した際、体重が約500キロあった。だが、液体栄養剤のみの特別食で過ごし、一定の減量を達成した後、腹腔(ふくくう)鏡下スリーブ状胃切除術を受けて、323キロという驚異的な減量に成功。現在は、アブダビの病院で、理学療法を受けているという。(c)AFPBB News

最終更新:7/27(木) 15:10
AFPBB News