ここから本文です

上位2シード、先週優勝のルブレフも初戦敗退 [ハンブルク/男子テニス]

7/26(水) 13:30配信

THE TENNIS DAILY

 ドイツ・ハンブルクで開催されている「ドイツ・テニス選手権」(ATP500/7月24~30日/賞金総額149万9940ユーロ/クレーコート)のシングルス1回戦で、第1シードのアルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)がラッキールーザーのレオナルド・メイヤー(アルゼンチン)に7-6(3) 3-6 6-7(4)の接戦の末に敗れ、初戦で姿を消した。

19歳ルブレフがツアー初優勝「言葉がない、素晴らしいよ」 [クロアチア・オープン・ウマグ]

 さらに第2シードのパブロ・クエバス(ウルグアイ)もアンドレイ・クズネツォフ(ロシア)に6-3 5-7 4-6で逆転負け。番狂わせに成功したクズネツォフは、「あきらめないで戦い抜けたことをうれしく思う。第1セットのあと、僕は少しアンラッキーだったが、腐らずに戦い続けることができた」と喜びをにじませた。クズネツォフは2回戦で地元選手のフロリアン・マイヤー(ドイツ)と対戦する。

 また先週のクロアチア・ウマグでツアー初優勝を遂げたばかりだった19歳のアンドレイ・ルブレフ(ロシア)は、フィリップ・コールシュライバー(ドイツ)に3-6 1-6で敗れた。

 第7シードのフェルナンド・ベルダスコ(スペイン)はイリ・ベセリ(チェコ)に対し、6-7(7)で第1セットを落としながら、第2セットを7-6(0)で取り返してセットオールに追いついたが、そこで雨のために試合は順延となった。

 第3シードのカレン・カチャノフ(ロシア)は予選勝者のルドルフ・モルカー(ドイツ)を6-4 6-3で下して2回戦に勝ち上がった。同じく予選勝者のフェデリコ・デルボニス(アルゼンチン)は、同胞のカルロス・べロック(アルゼンチン)との接戦を6-7(6) 7-5 6-3で制した。

 一方、今季限りと、引退を決めているトミー・ハース(ドイツ)にとってのドイツ選手権は、1回戦で終わってしまった。ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場した39歳のハースは、ニコラス・キッカー(アルゼンチン)に5-7 2-6で敗れた。キッカーは2回戦で第5シードのブノワ・ペール(フランス)と対戦する。(C)AP (テニスマガジン/テニスデイリー)

Photo: LONDON, ENGLAND - JULY 06: Andrey Rublev of Russia looks on during the Gentlemen's Singles second round match against Albert Ramos-Vinolas of Spain on day four of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at the All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 6, 2017 in London, England. (Photo by Julian Finney/Getty Images)

最終更新:7/26(水) 14:07
THE TENNIS DAILY