ここから本文です

ロナウド、“ゆっくり眠ることさえできない”理由は「ネイマールやイグアインら」の存在

7/26(水) 14:10配信

theWORLD(ザ・ワールド)

ストイックな姿勢は変わらず

現在世界最高のフットボーラーとも謳われるレアル・マドリードのエース、クリスティアーノ・ロナウドだが、彼自身はその座に甘んじるつもりなどないようだ。

4度のバロンドール獲得に加え、ユーロ2016の制覇、そして2年連続のチャンピオンズリーグ優勝。クリスティアーノが世界で最も有能なアタッカーであることを証明するのにさほど多くの時間を要するには至らないが、彼自身はストイックなトレーニングを怠らず、前だけを見ている。事実、このポルトガル代表FWは『ESPN』の取材でいくつかの名前を列挙し、日々それらの面々を上回りたいという願望を口にした。

「僕は今もまだ前向きな競争の真っ只中にいる。世界のベストプレイヤーとなるためにね。多くのライバルたちと凌ぎを削り合っているよ。たとえばそれはネイマールやリオネル・メッシ、ロベルト・レヴァンドフスキ、ゴンサロ・イグアインだ。彼らを超えたいし、毎年そういった気持ちをモチベーションに変えている」

全てを手にしてきた男には似つかわしくない発言だが、彼の“成長欲”が収まる日は来ないのだろう。

「最高の選手というのは、いつも最高の選手を追い続けるものだ。少しでも油断すれば差は広がるよ。だからゆっくり眠ることさえ許されないね。僕は彼らよりも上に立ちたいし、そうなれるよう日々努力している」

この飽くなき向上心が存在する限り、もうしばらくはロナウドとメッシによる支配の構図が崩れることはなさそうだ。