ここから本文です

アウディ、A5シリーズのスポーツバックに初のFWDモデルを設定

7/26(水) 14:13配信

オートックワン

アウディジャパンは、アウディA5シリーズの中で最も高い人気を誇る4ドアクーペのアウディA5 スポーツバックに、初めてFWD(前輪駆動)2モデルを設定し、7月26日より販売する。

>>アウディ A5 FWDモデルの写真を見る

価格(消費税込)は、アウディA5 スポーツバック2.0 TFSIが546万円、アウディA5 スポーツバック2.0 TFSI スポーツが603万円となる。

アウディ A5
アウディA5 スポーツバックは、アウディA5 クーペの躍動感あふれるデザイン、ステーションワゴンの機能性、そしてセダンの快適性を兼ね備えるユニークなモデルとして人気を博し、先代アウディA5 シリーズの顧客の過半数以上がこのアウディA5 スポーツバックを選んでいる。

今回アウディA5 スポーツバックに新たに設定された(前輪駆動)2モデル、アウディA5 スポーツバック2.0 TFSIとアウディA5 スポーツバック2.0 TFSI スポーツに搭載する直列4気筒直噴ガソリンターボエンジンは、最高出力190ps、最大トルク320Nmという高い性能を発揮しながら、燃費は16.6km/L(JC08モード)を達成することにより「2015年燃費基準+10%」(パノラマサンルーフ付は2020年度燃費基準達成を満たし、両モデルともに自動車取得税が、20%自動車重量税が25%減税されるエコカー減税対象車となっている)。これによりアウディA5 のエコカー減税対象は10モデルとなった。

第2世代のアウディA5/S5の各モデルは、「美しさとスポーティな走りと実用性の融合」という初代の持ち味にさらに磨きをかけ、筋肉質で力強く躍動感あふれるデザインに、新たなテクノロジーを惜しみなく投入することにより、安全性や効率、また現代のクルマに求められる運転支援システム、コネクティビティ、そしてインフォテイメントの機能などを大幅に向上させている。

A5シリーズは、2ドアクーペ、多様性を兼ね備える4ドアクーペのアウディA5 スポーツバック、そして電動開閉式ソフトトップのアウディA5 カブリオレ(9月発売予定)という、魅力的な3つのボディバリエーションを揃えて、アウディA5 クーペ、アウディA5 スポーツバックともに4月の発表以来、好調な販売を続けている。

最終更新:7/26(水) 14:20
オートックワン