ここから本文です

コンテ監督、エヴァートンで輝いた19歳MFに猛アプローチ プレミア24試合に出場

7/26(水) 14:30配信

theWORLD(ザ・ワールド)

若手の有望株を強奪か

2016-2017シーズンのプレミアリーグでチェルシーを優勝に導き、18日に同クラブと新契約を締結したアントニオ・コンテ監督。今オフの補強に遅れが生じたことに不満を募らせ、一時は退団の噂が囁かれていた同監督だが、FWアルバロ・モラタをはじめとするビッグネームの獲得に成功するなど、状況が好転しつつある。

こうした状況のなか、同監督が現エヴァートン所属MFトム・デイビスに熱視線を注いでいると、英『THE Sun』が伝えている。既に各年代のイングランド代表に招集されているデイビス。2016-2017シーズンのプレミアリーグ24試合に出場したほか、第21節マンチェスター・シティ戦では果敢なドリブルで試合を決定づける追加点を挙げた。19歳という若さを感じさせないビッグゲームにおける勝負強さがコンテ監督の目に留まり、同監督に獲得レース参戦を決意させたという見方が併せて報じられている。

今オフにアヤックスからデイヴィ・クラーセンが加入したことにより、より厳しい競争に晒されることが予想される同選手。大型補強を敢行したエヴァートンでレギュラーの座を勝ち取った暁には、ビッグクラブへのステップアップの道が保証されるかもしれない。同選手の今後の活躍ぶりや、コンテ監督の同選手に関する動向に注目が集まる。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報