ここから本文です

UVERworld「GiGS」41ページ大特集、読みどころを聞いてみた

7/26(水) 19:21配信

MusicVoice

 UVERworldが、27日発売の音楽雑誌『GiGS』9月号(シンコ-ミュージック・エンタテイメント)で表紙巻頭を飾る。全78分59秒に凝縮された最新作『TYCOON』(8月2日)のすべてと未来を暴く全41ページにおよぶ大特集が組まれる。

 UVERworldの大特集では、TAKUYA∞/克哉、信人、誠果インタビュー/真太郎&彰インタビュー/最新メイン機材から見る『TYCOON』の世界/メンバー自身からアナタに贈る「Q.E.D.」の攻略法/バンドスコア「Q.E.D.」という内容で組まれる。

 その詳細を出版社に問い合わせたところ、以下の回答があった。

 「UVERworldは6人全員が作曲やアレンジに関わっており、その膨大なアイデアから楽曲が構成されています。それぞれの楽曲への対峙の仕方などを中心にインタビューが掲載されています。また『TYCOON』という作品の制作過程、曲毎の解説なども語られています」

 また、楽曲「Q.E.D.」の攻略法では「演奏上の要注意ポイントや、コピーする上での心構えも含め、それぞれの楽器の視点からの攻略法を直伝します」という。

 ほか、特別付録のUVERworldサイン入りポスターは、表面はメンバー全員が白バックに立つ集合カットでそれぞれの上にサインが入り、片面はメンバーそれぞれの個人カットになるようだ。

 第2特集ではSCANDALが登場。先日、完走した47都道府県ツアーを、最終盤戦の熱狂から、ツアーで4人のプレイを支えた機材群などを全23ページにわたって特集。バンドスコア「テイクミーアウト」も掲載される。【武田雄樹】

最終更新:7/26(水) 19:21
MusicVoice