ここから本文です

ジャレッド・クシュナー、ロシアとの共謀関係を否定!

7/26(水) 22:01配信

ELLE ONLINE

ジャレッド・クシュナーは7月24日(月)に行われた公聴会の前に声明を発表。これまでクシュナーはロシア大使やロシアの銀行家などと面談したと報じられているが、クシュナーも会ったことを認めている。しかし今回の声明では「私はロシア政府と共謀しなかった。選挙キャンペーンに関わった中に、共謀した人物も知らない」と選挙戦にロシアを介入させたことはない、と疑惑を否定。「不適切な接触はなかった」と説明している。

【写真】イヴァンカ・トランプの勝利の女神スタイルをプレイバック

またドナルド・トランプ・ジュニアに対して「ヒラリー・クリントンの不利な情報を持っている」と接触してきたロシア人弁護士との面談についてもコメント。クシュナーもその場に同席したことを認めた上で「選挙に関する内容はなかった」「有益なものではなく、面談から抜け出そうとした」と話している。さらにロシアの資金を「民間セクターでの自分の事業のために使ったたことない」と利害関係も否定した。

ドナルド・トランプ大統領が当選したのは「より優れたメッセージを発し、より賢い選挙キャンペーンを行ったからだ」と説明したクシュナー。現地時間7月25日(火)にも下院で証言を行う予定。トランプ大統領の支持率低下の大きな要因であるロシア疑惑。クシュナーの証言で疑いは晴れるのか、今後の展開にも注目したい。
(text : Yoko Nagasaka)

最終更新:7/26(水) 22:01
ELLE ONLINE