ここから本文です

アトレティコとシメオネが契約延長と報道でるもクラブが否定

7/26(水) 18:10配信

SPORT.es

監督ディエゴ・シメオネとアトレティコ・マドリードが1年間の契約延長の合意に至ったと、スペインのラジオ局『CadenaSER』が報道した。

しかしアトレティコの方はこのニュースが真実ではなく、現在のところ契約延長は確定していないと述べた。事実、アトレティコは現在シメオネと契約延長を交渉中であるが、今のところ何も確定していない。

合意に達した場合、シメオネとアトレティコの契約は2019年まで延長される。
昨年夏には2020年の契約満了であるところを、2019年に変更したことがアトレティコファンに大きな衝撃を与えた。

ビセンテ・カルデロンスタジアム最後の公式戦で、シメオネはピッチからサポーターたちに向かって「そうだ、私は残る。なぜならこのチームには未来があるから」と叫び、サポーターたちからの喝さいを浴びた。

新スタジアム『ワンダ・メトロポリターノ』で新たにアトレティコを率いることをシメオネは望んでいるはずだ。今のところ少なくとも2019年までシメオネがアトレティコと契約延長することがほぼ確定しているとみてよいだろう。アトレティコのサポーターたちにとってはこの上ないニュースだ。

シメオネはアトレティコがビトロとジエゴ・コスタを獲得の努力を評価している。
この2名の選手はチョーロことシメオネのウィッシュリストの上位にいたからだ。
いずれにせよ、ビトロとコスタが最終的にアトレティコに加入する場合、その到着は来年1月になる。

(文:SPORT)

SPORT.es

最終更新:7/26(水) 18:10
SPORT.es

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

Yahoo!ニュースからのお知らせ