ここから本文です

ルーニーの抜けた穴は大きく モウリーニョ、1ヶ月経たずとも「本当に恋しい」

7/26(水) 15:48配信

theWORLD(ザ・ワールド)

主将はエヴァートン復帰を決断

マンチェスター・ユナイテッドは今月初め、クラブの象徴であったウェイン・ルーニーをエヴァートンへと放出した。

ジョゼ・モウリーニョ監督はルーニーの残留を望んだが、本人が出場機会を求めて移籍を志願したため致し方ない決断だった。同監督はこれまで何度もルーニーが与えてきた影響力の大きさを語っており、移籍して1ヶ月も経たずしてすでに恋しいという。モウリーニョ監督は英『The Telegraph』に、ルーニーに対する思いを再度語っている。

「本当に恋しいよ。彼はとても素晴らしい人物だった。しかし、彼はエヴァートンで上手くやるはずだし、エヴァートンにとっても素晴らしい人材となるだろう。ウェインはとてもポジティブな影響を与えていた。我々はグループとして向上していけるとは言い切れない。なぜならウェインが去ったからね。彼は非常に重要な人物だった。私はこれが新時代の幕開けだと思っている」

ルーニーは16-17シーズン、モウリーニョ監督の下なかなか出場機会に恵まれず、選手としては不本意なシーズンを送っていた。しかし、ピッチの上ではファーストチョイスになれないながらも、同監督をここまで唸らせるほど陰でチームを支えてきた。クラブの象徴であるルーニーが去った今、チームはこれから新ユナイテッドとしてプレミアリーグ開幕に向かう。

https://www.theworldmagazine.jp

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合