ここから本文です

やり過ぎ?環境問題も移動も「パンダ」にお任せ

7/26(水) 17:47配信

ホウドウキョク

東京・上野動物園のパンダの赤ちゃんは、産まれてまもなく1カ月半を迎え、すくすくと順調に育っている。

「パンダくろしお『Smileアドベンチャートレイン』」はパンダ尽くしのデザイン

そんな中、地上に広がるのは、巨大なパンダの絵。よく見ると、太陽光パネルでできている。
中国・山西省にあるこの「パンダ発電所」は、将来的に100メガワットを発電し、石炭およそ100万トンの消費を抑えることを目指している。

この事業は、中国が主導する巨大経済圏構想「一帯一路」の一環で、PM2.5などの環境問題に悩む中国で、その効果が期待されている。

一方、日本では…

和歌山・白浜のアドベンチャーワールドは、2018年に開園40周年を迎える。
これを記念して、アドベンチャーワールドとJR西日本がコラボしたラッピング列車「パンダくろしお『Smileアドベンチャートレイン』」が京都 - 新宮駅間で運行される。

8月5日~2019年11月ごろまで、京都 - 新宮駅間を運行

ボディーはもちろん、座席のヘッドカバーまでパンダ尽くしのデザインについて、ツイッターでは、「ホントにパンダが乗ってるみたい!」、「パンダくろしお、これはやり過ぎやろww」などと、ちょっとした話題となっている。

「パンダくろしお『Smileアドベンチャートレイン』」は、8月5日から2019年11月ごろまでの運行が予定されている。

最終更新:7/26(水) 17:47
ホウドウキョク