ここから本文です

F2を戦うオリバー・ローランド、オランダのレーシング・イベントでルノーのF1マシンをドライブ

7/26(水) 21:20配信

motorsport.com 日本版

 オランダのTTサーキット・アッセンで行われるガンマ・レーシングデーで、現在FIA F2選手権にダムスから参戦しているオリバー・ローランドが、ルノーのF1マシンをドライブすることがわかった。

【写真】ローランドが乗るのは、ロバート・クビサがプライベートテストで使用したルノーカラーのロータスE20

 最近、ルノーがロバート・クビサのF1復帰に向けた評価をするために行ったプライベートテストの際に使われたロータス(現在のルノーの前身)の2012年型マシン、E20をルノーワークスカラーにペイントしたモノが走行に使われる。

 今シーズン、モナコでF2初勝利を挙げたローランドはルノーの開発ドライバーであり、オランダのイベントではレギュラードライバーのニコ・ヒュルケンベルグとシートを分け合うことになる。

 今回のチャンスについてローランドは「F1マシンをオランダの10万人のファンの前でドライブするなんて、本当にエキサイティングだ」と語った。

「僕は今回のチャンスを、F1に参戦するという僕の夢を実現するための、正しい一歩だと考えている」

 ローランドにとって、今回の走行がF1マシンを初めて体験する場だというわけではない。彼は2011年にマクラーレン・オートスポートBRDCアワードを受賞したご褒美として、翌年マクラーレンでF1を初テストしている。また、2015年のフォーミュラ・ルノー3.5をシーズン中盤までリード(その後チャンピオンを獲得)していたご褒美として、その年のシルバーストンでレッドブルF1マシンのデモ走行を行っている。

 ローランドがドライブを担当するのは8月5日。その翌日はヒュルケンベルグがステアリングを引き継ぐ。

Jonathan Noble