ここから本文です

最後は選手個人の“気持ち” ネイマールの巨額移籍話にカカーが口を開く

7/26(水) 19:01配信

theWORLD(ザ・ワールド)

ついに200億円を超える金額に

近年のフットボール界はまさに“バブル”と化している。破格の移籍金、お金目当ての移籍など、プレイとは関係ない部分で異様な盛り上がりを見せている。昨夏には100億円を越える移籍金で選手の取引が行われた。

その額に歯止めが効かなくなり、今夏はついに200億円を超える移籍が行われようとしている。パリ・サンジェルマンがバルセロナのネイマール獲得のため、約280億円という巨額の契約解除金を支払う可能性があるというのだ。もはや選手個人の問題ではなくなってきている。元ブラジル代表でW杯を制し、バロンドールも獲得したことのあるカカーは、ネイマールにとってベストな選択になることだけを祈ると『Omnisport』に語った。

「シーズンが終わればマーケットが開く。そこにはたくさんの憶測が生まれる。とても大きな数字が動き、誰もがトッププレイヤーの獲得を望む。もちろんネイマールもその1人だ。しかしそれは、個人の選択だ。彼がなにを思い、なにを求めているのかは分からない。もしかすると、バルサで過ごす時間が終わり、移籍するときなのかもしれない。ネイマールについて言えることは、彼はとても素晴らしい選手だということだ。どこへ行こうと、数年以内に偉大な選手となるだろう。僕たちは見守り、彼にとって良い選択になることだけを祈るよ。簡単な選択ではないが、彼の未来にとってベストな選択にね。彼には素晴らしいチーム、家族がいるから問題ないはずだ」

一番はお金ではなく選手個人の考えであり、どうなりたいかである。もちろん家族やクラブも関わってくるため、全てを考えなければならないのは確かだ。果たしてネイマールは、どんな選択をするのだろうか。同選手の動向から目が離せない。

https://www.theworldmagazine.jp

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

Yahoo!ニュースからのお知らせ