ここから本文です

ミランに移籍したい…… バイエルンでくすぶるポルトガル代表MFが志願「とても興味深い」

7/26(水) 21:02配信

theWORLD(ザ・ワールド)

「もっと試合に出たい」

彼は革命の中心地へ羨望の眼差しを向けている。バイエルン・ミュンヘンで継続的な出場機会を与えられていないポルトガル代表MFレナト・サンチェスが、ミラノ行きに前向きな姿勢を示した。

2015-16シーズンのベンフィカにおける活躍が認められ、昨夏に晴れてドイツ王者への入団を果たしたばかりのサンチェスだが、カルロ・アンチェロッティ監督からの信頼を得ることができず、その本領を発揮できていない。そんな同選手に対し、触手を伸ばしたのが今夏にアグレッシブな戦力増強を敢行しているミランだ。すでに中盤の補強としてルーカス・ビリアやフランク・ケシエら実力者を加えている同クラブだが、若きポルトガル代表MFと相思相愛であれば、新たに行動を起こす可能性も大いにあるだろう。独紙『Bild』は、ミラン行きに関心を示すサンチェスの言葉を伝えている。

「僕は当然もっとたくさんの時間をピッチ上で過ごしたい。今よりも出場時間を与えてくれるチームに行きたいよ。ミランへの移籍は良い選択肢になるだろうね。とても興味深い。その機会があるなら、僕としては行きたいよ。アジアツアーを終えてミュンヘンへ帰ったら、なんらかのアクションを模索するだろう。ミランにはこのチームよりもポジティブな環境があると思ってるんだ」

公然とその本音を放出し、自身の願いを語ったサンチェス。まだまだ19歳と若く可能性は無限に広がっているだけに、さらなる成長を期待したいところだ。

http://www.theworldmagazine.jp