ここから本文です

モラタ、チェルシーデビューはイマイチも コンテ監督は合格点

7/26(水) 21:40配信

theWORLD(ザ・ワールド)

時間が必要とも語る

チェルシーは25日、インターナショナル・チャンピオンズ・カップでブンデスリーガ王者のバイエルン・ミュンヘンと対戦した。試合はバイエルンが前半の3点を守り抜き、3-2で勝利を収めている。

この日、注目を集めたのがチェルシーに加入したばかりのアルバロ・モラタだ。モラタは後半18分に出場を果たし、チェルシーデビューを飾った。まだ合流して数日ということもあり、目立った活躍はできずに終わっている。しかし、アントニオ・コンテ監督は良い収穫になったと試合後に、クラブ公式サイトに語った。

「30分で3失点もしたら、当然状況は深刻だ。だが選手はいい姿勢を見せてくれた。諦めない姿勢が大切で、選手たちは戦う姿勢は見せた。まだプレシーズンだし、ハードワークは欠かしていない。バイエルンはビッグクラブで、国内リーグでは敵なしだし、チャンピオンズリーグでもコンスタントに決勝や準決勝まで進出している。今日の試合からはポジティブな部分も持ち帰らないとならない。アルバロについて多くを語るには早い。まだ合流して2日だし、まずはここのフットボールに馴染む時間が必要だ。だがいずれ存在感を放ってくれるだろう。まずは時間を与える必要がある。だが今日のパフォーマンスは喜んでいいだろう」

デビュー弾はお預けとなったが、モラタがチェルシーで輝く日はそう遠くないはずだ。また、リーグ連覇を成し遂げる上で、同選手の活躍は必要不可欠となる。モラタは王者チェルシーに今後どんなエッセンスを加えることができるだろうか。

https://www.theworldmagazine.jp

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合