ここから本文です

巨人、守備のミスから追加点献上 マギーの失策で一塁から一気に生還許す

7/26(水) 19:14配信

Full-Count

打球がセンター方向に転がる間に…

 巨人が26日の広島戦(京セラD)で痛恨のミスから追加点を献上した。

 4点ビハインドで迎えた5回、2死一塁の場面で広島の4番鈴木が先発・畠からセカンドへのゴロを放つ。強い当たりをマギーがファンブル。一塁走者の菊池は二塁を回って三塁へと向かった。

 ボールがセンター方向へ転がると、エラーしたマギーがその場で動きを止め、打球を追った遊撃の坂本、中堅の陽岱鋼も最後はやや譲り合うような形に。すると、菊池は一気に三塁も回った。最後は陽岱鋼がボールを取って本塁に送ったものの、及ばずにセーフ。緩慢な守備で一塁から一気に本塁生還を許した。

 これで0-5と5点差に。劣勢が続いている。

【フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7/26(水) 19:14
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/18(金) 19:05