ここから本文です

【MLB】熱狂的ファンも「達成感」 イチローの3000本を見届けた男性の“旅”が話題に

7/26(水) 19:54配信

Full-Count

米メディアがイチローファンを特集「もう一度、あの機会がやってくるのならやるだろう」

 マーリンズのイチロー外野手は、アメリカでも絶大な人気を誇る。マーリンズ・パークで打席に立てば「イチロー・コール」がスタンドから巻き起こり、敵地でも大きな拍手で打席に迎えられる。ヒット数をカウントし続けている「イチメーター」製作者のエイミー・フランツさんという、日米ですっかり有名になったファンもいるが、熱狂的なサポーターは他にもいた。

イチロー、メジャー通算では今何位? MLB歴代通算安打数ランキング

 米ラジオ局「wbur」電子版は、イチローが昨年8月7日の敵地ロッキーズ戦で達成したメジャー通算3000安打の金字塔を見続けるために、仕事を3つ掛け持ちして旅費を貯め、17日間でマーリンズの公式戦16試合をスタンド観戦した猛者が存在したと特集している。

「もう一度、あの機会がやってくるのならやるだろうね」

 記事でこう振り返っているのはシカゴ在住の33歳、ベン・ウェルズさん。生粋のカブスファンながら、2001年のイチローのルーキーイヤーからのファンでもあった。そして、メジャー史上30人目の偉業を達成する背番号51のその瞬間を見届けようと着想したのは、2015年の開幕戦のこと。スポーツ番組で、イチローがその時点で3000本安打まで156安打と報じていたのを見て、ひらめいたという。

「これは今年に達成することはなさそうだ。彼は数シーズン140安打以上を打っていなかった。彼はマーリンズの若くて素晴らしい外野手陣とプレーしているわけだし、(3000安打は)2016年に実現することになるだろう」

 そこで、2015年の開幕戦で家族や友人に対して、何があろうとイチローの3000本安打を目撃する、と宣言。そこから遠征費の準備に入ったと、記事の中で明かしている。日中はカーディーラーとして、夜はピザ配達員として、2つの仕事を掛け持ちしたというのだ。さらに、「実際には3つ目の仕事も見つけることになったんだ。週末には地元のりんご園で働き始めたんだ」とも“告白”。イチローのマイルストーンのために“3足のわらじ”を履くことになった。その時に向けて、ひたすら準備に没頭したことになる。

1/3ページ

最終更新:7/26(水) 20:10
Full-Count