ここから本文です

北銀が東証と国内初の協定 取引先の上場支援

7/26(水) 0:25配信

北日本新聞

 北陸銀行は25日、東京証券取引所と、取引先の上場支援に関する連携協定を締結した。上場を希望する企業の情報を共有して相談に対応するほか、セミナーを開催する。北陸地域の企業の上場を促進し、事業拡大や雇用創出など地域経済の活性化につなげる。東証が国内の金融機関と上場サポートで協定を結ぶのは初めて。

 北銀の庵栄伸頭取と、東証の宮原幸一郎社長が同日、富山市堤町通りの同行本店で会見し、業務提携について発表した。

 北銀が持つ顧客情報と東証のノウハウを融合し、企業の上場を後押しする。具体的な取り組みとして同行が上場を検討する取引先を東証に紹介。北銀、東証両社の担当者が訪問し、上場に向けたプロセスや効果、費用を説明する。審査基準に適合しているかや、管理体制が整備されているかなども分析し助言する。また上場を希望する企業を対象にしたセミナーも開く。行員向けの研修会を行うほか、人材交流として東証に行員を出向させることも検討する。

 庵頭取は会見で「企業のニーズにきめ細かく対応できる体制となった。今回の協定を実のあるものにして、地域経済の活性化を目指す」と述べた。宮原社長は「上場に意欲のある企業の力になれるよう、北陸銀行と連携してサポートに取り組む」と語った。

 東証は同日、北陸銀行と同じほくほくフィナンシャルグループ傘下の北海道銀行とも協定を結んだ。

 ◆東京証券取引所◆
 東京都中央区日本橋兜町にある日本最大の証券取引所。略称は東証で、1949年に設立された。前身は1878年に開業した東京株式取引所。2001年に株式会社となり、13年に大阪証券取引所と統合した。持ち株会社の日本取引所グループの設立に伴い、その傘下に入った。東証内には株主数や流通株式といった基準に基づき、1部や2部、マザーズなど五つの市場があり、計3560社が上場している。

北日本新聞社

最終更新:7/26(水) 0:25
北日本新聞

Yahoo!ニュース特設ページ