ここから本文です

深く呼吸 気分爽快 富山で気功教室

7/26(水) 22:38配信

北日本新聞

 気功の一種「樹林呼吸法」の教室が25日、富山市新名の専立寺で行われ、夏休み中の小学生や家族が心身の健康を促す呼吸法を体験した。

 子どもたちに元気に過ごしてもらうとともに、寺に気軽に足を運んでもらおうと企画。樹林呼吸法を考案した松山邦彦さん=富山市藤木=が指導し、15人が参加した。

 樹林呼吸法は集中力を高め、気分が落ち着くなどの効果があるという。参加者は座禅やストレッチをした後、「細く長く息を吐いて」と助言を受けながら、ゆっくり腕を動かし深く呼吸した。たくさんの樹木に囲まれた寺で、心地いい空気を感じながら取り組んでいた。

 教室は27日まで行われる。北日本新聞社後援。

北日本新聞社

最終更新:7/27(木) 6:37
北日本新聞

Yahoo!ニュースからのお知らせ