ここから本文です

4~6月のスポーツ合宿、8千人増 南紀エリア

7/26(水) 17:01配信

紀伊民報

 和歌山県と田辺市、みなべ、上富田、白浜、すさみ、串本の5町でつくる南紀エリアスポーツ合宿誘致推進協議会は25日、4~6月の県外からの合宿受け入れが1万8426人だったと明らかにした。前年同期と比べ7936人増。本年度中の目標としている8万人を超えるペースという。

 4~6月の県外からのスポーツ合宿受け入れの延べ人数を市町別でみると、田辺市7476人(前年同期比157・7%)、みなべ町760人(同292・3%)、白浜町4505人(同136・6%)、上富田町3855人(同488%)、すさみ町766人(同70・8%)、串本町1064人(同332・5%)。

 特に上富田町は前年同期の790人から5倍近くに増えており、ラグビー女子日本代表候補選手の合宿など、ラグビーやサッカーの関係で新規の団体を誘致したことが大きかった。南紀エリア全体では、温暖な気候や充実した施設など環境に恵まれた合宿地を県外にPRする活動の成果が出ているという。

最終更新:7/26(水) 17:01
紀伊民報

Yahoo!ニュースからのお知らせ