ここから本文です

ひまわりほーむグループ、10月に再編 4社を9社に

7/26(水) 1:59配信

北國新聞社

 ひまわりほーむ(金沢市)は10月1日、同社を含めたグループ4社を、担当地域や分野ごとの9社に再編して持ち株会社制に移行する。少人数制で顧客対応を強化するとともに、各社に社長を置くことで経営感覚を身に付けた人材を育成する。

 ひまわりほーむは1996年に設立し、従業員数は85人。現在は新築住宅の建設を手掛け、子会社3社を持つ。新体制では、ひまわりほーむが純粋持ち株会社となった上で、新築部門で石川、富山、首都圏をそれぞれ担当する3社、改築部門で石川、富山を担う2社、不動産の2社、管理部門の1社の計8社を束ねる。

 創業者の加葉田和夫社長は持ち株会社の会長兼社長に就任し、子会社にはそれぞれ社長を置く。加葉田氏は次期グループ代表者選びを進めるに当たり「各社長が部門長ではなく経営者として収益や顧客満足度を向上させるため、独立採算制の組織で思い切ったことをやり、競い合う環境をつくりたい」と話した。

北國新聞社

最終更新:7/26(水) 1:59
北國新聞社