ここから本文です

配管異常なし、規制庁に報告 北電志賀原発

7/26(水) 1:59配信

北國新聞社

 北陸電力は25日、志賀原発1、2号機の中央制御室にある空調換気配管について、機能や性能に異常なしとする点検結果を原子力規制庁に報告した。

 中国電力島根原発2号機(松江市)の中央制御室にある空調換気配管で腐食が見つかったことを受け、今年1月、規制庁が各社に点検を指示していた。中央制御室は原発を運転・監視する中枢施設で、通常は配管から外気を取り入れて換気するが、事故発生時は外気を遮断する必要があり、腐食すると機能を維持できない可能性がある。

北國新聞社

最終更新:7/26(水) 1:59
北國新聞社