ここから本文です

米下院、ロシア制裁強化法案を可決-大統領権限を制限する条項も

7/26(水) 7:38配信

Bloomberg

米下院は25日、ロシアへの制裁強化法案を可決した。同法案にはトランプ大統領が一方的にロシア制裁を解除するのを阻止する条項も盛り込まれている。ロシアは2016年の米大統領選に介入し、トランプ陣営と共謀したとの疑惑が持たれている。

イランおよび北朝鮮への新たな制裁も含む同法案は419対3で可決された。今後、上院に送付される。上院では、先月上院を通過した法案に加えられた修正に対し、共和、民主両党議員が支持する意向を示している。

ホワイトハウスは制裁を解除する大統領権限の制限について懸念を表明、トランプ大統領が同法案に署名するかどうかについての見方はまちまちだ。ホワイトハウスのサンダース報道官は24日、大統領専用機「エアフォースワン」の機内で、トランプ大統領はロシアとイラン、北朝鮮の3カ国への制裁を支持しているが、米国が確実に「良い取引」を結べるように望んでいると語った。

原題:House Passes New Russia Sanctions That Would Curb Trump’s Power(抜粋)

Anna Edgerton

最終更新:7/26(水) 7:38
Bloomberg