ここから本文です

8月2日は「ハブの日」 南都が認定記念行事 南城

7/27(木) 5:00配信

琉球新報

 【南城】南都(那覇市、大城宗直社長)は8月2日を「ハ(8)ブ(2)の日」として一般社団法人日本記念日協会に申請し、認定された。南都が運営する「おきなわワールド」事業所長の上間悟さんは「これまで取り組んできた資料や生態展示などの活動が認められた」と喜んだ。

 日本記念日協会代表理事の加瀬清志さんは「沖縄の観光・産業の発展の大きなきっかけの一つになるだろう」とコメントした。「おきなわワールド」は1979年にハブ博物館を開館。資料や生態展示、ハブのショーを披露している。92年に操業開始した南都酒造所では年間約6000本のハブ酒を製造、販売している。

 「おきなわワールド」では7月21日から8月31日まで、大蛇と添い寝して写真撮影する企画など多彩なイベントが催されている。「ハブの日」制定記念として、8月2日にハブ博物館で「今日は何の日」の問いに答えるとプレゼントをもらえる企画も用意している。

琉球新報社

最終更新:7/27(木) 10:34
琉球新報