ここから本文です

わりと怖い「突発性難聴」堂本剛さん治療で注目「誰でもなり得る」専門医「不規則な生活は要注意」

7/28(金) 7:00配信

withnews

 「KinKi Kids」の堂本剛さんが治療していることで話題になった突発性難聴。剛さんのように、入院するほど深刻な症状になる病気。歌手ではない一般人もかかってしまう可能性はあるのでしょうか? 専門家は「誰でもなり得る病気です」と言います。原因や予防方法について、神戸市立医療センター中央市民病院耳鼻・咽喉(いんこう)科部長の内藤泰(やすし)医師に話を聞きました。

タトゥーはキレイに消せる? 除去の実態 医師「死ぬぐらいの痛み」

高齢者の患者が多め

 内藤医師は「突発性難聴は誰でもなり得る病気です」と言います。

 「年齢は高い人の方が多くなります。社会が高齢化しているので、高齢者の患者が多いというのが実情です」

 治療現場の実感としても、65歳以上のお年寄りの患者が圧倒的に多いそうです。また、男性の方が女性よりやや多いそうです。

血液の循環も影響?

 突発性難聴の原因は何か?

 お年寄りが多いことから「加齢」は原因の一つですが、ほかにも重症化の要素があるそうです。

 内藤医師も参加した全国調査によると、糖尿病、心臓病、65歳以上、脳梗塞(こうそく)を起こしたことがある人は、重い突発性難聴を患う傾向が出たそうです。

 内藤医師は「循環器に持病がある、言い換えれば血液の循環が悪い人が、重症化の傾向があると言えます」と説明します。

不規則な生活がダメ

 今回、ジャニーズのアイドルがかかったということで注目されました。

 「若い年齢でも突発性難聴になる理由はいくつか考えられます」と話す内藤医師。

・不規則な生活を送りがち
・ストレスを多く抱えがち
・食生活が乱れがち

 これらの原因を踏まえ、予防方法についてもアドバイスも聞きました。

・睡眠時間を削るまで仕事をしない
・ストレスをためない
・自分のペースを守り、ゆとりのある生活を送る

 つまり「ライフ・スタイルを見つめ直すことです」(内藤医師)。

早めの受診を

 忙しい生活を送っている芸能人は、症状が現れてもすぐ受診できないケースがあります。同じように、芸能人以外の人でも、病院にすぐ行かないと、症状はひどくなってしまいます。

 内藤医師は「病状にもよりますが、症状が現れて一週間以内にお医者さんに見てもらえると、有効な治療が得られる可能性が高まるでしょう」と話しています。

最終更新:7/28(金) 14:18
withnews