ここから本文です

(患者を生きる:3353)我が家で 仲間と暮らす:4 笑顔の日々、続くように

7/27(木) 7:30配信 有料

朝日新聞デジタル

 「同じ病気の仲間同士が暮らせる『家』をつくりたい」。パーキンソン病の木村美貴子さん(69)は、新たなデイサービスを立ち上げた2014年ころから、強く思うようになった。「長い間介護が必要な病気だからこそ、家族の人生も考えないといけない」
 木村さん自身の症状もここ数年で進んだ。2時間おきに薬をのまないと症状が抑えられなくなった。NPO法人の運営は、長男で理学療法士の健一郎(けんいちろう)さん(44)ら若い人たちに今後は引き継いで欲しいと準備を進めている。健一郎さんも「仲間と暮らす家が実現したら、職員として働きながら母をみられる」と考えた。……本文:1,906文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社