ここから本文です

グレッグ・オールマンの遺作アルバム『サザン・ブラッド』が発売に

7/27(木) 16:51配信

CDジャーナル

 5月27日に69歳で亡くなったグレッグ・オールマン(Gregg Allman)の遺作『サザン・ブラッド』(UCCO-1190 2,600円 + 税)が9月8日(金)に発売されます。

 ドン・ウォズがプロデューサーを務め、オールマン・ブラザーズ・バンド結成以前からセッション・ミュージシャンとして足を運んだ、アラバマ州マッスルショールズのフェイム・スタジオで2週間かけてレコーディングされたというアルバムには、ボブ・ディラン「ゴーイング・ゴーング・ゴーン」、ウィリー・ディクソン「アイ・ラヴ・ザ・ライフ・アイ・ラヴ」、リトル・フィート「ウィリン」、作者のジャクソン・ブラウンをフィーチャーした「ソング・フォー・アダム」などのカヴァー9曲と、ドン・ウォズが「グレッグが自分の人生を説明しようと試みた曲」と語るオリジナル「マイ・オンリー・トゥルー・フレンド」の計10曲を収録。カヴァー曲は、グレッグ、ドン・ウォズ、マネージャーのマイケル・リーマンの3人が提案し合い、ファンが気に入ってくれるような曲を選んだとのこと。

 マイケル・リーマンはレコーディング中のグレッグについて「体調は優れなかったけれど、彼は普段通りプロフェッショナルに振舞いながら毎日4~5時間スタジオに籠っていたんだ」と語っています。

最終更新:7/27(木) 16:51
CDジャーナル