ここから本文です

米新規購入向けローン申請指数、2カ月ぶり低水準=MBA

7/27(木) 3:44配信

ロイター

[ニューヨーク 26日 ロイター] - 米抵当銀行協会(MBA)が公表した新規購入向けローン申請指数(7月21日までの週)は2.2%低下の240.1と、5月26日終了週(238.1)以来、約2カ月ぶりの低水準となった。

30年物コンフォーミングローン金利(固定金利)は4.22%から4.17%に低下した。コンフォーミング融資とは、政府系住宅金融機関(GSE)の連邦住宅抵当金庫(ファニーメイ)や連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)による保証基準を満たすものを指す。

借り換え向けローン申請指数は3.4%上昇の1414.3と、5週間ぶり高水準。

新規、借り入れを含む米住宅ローン申請指数は418.5と、0.4%上昇した。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

最終更新:7/27(木) 3:44
ロイター