ここから本文です

元SPEED今井絵理子議員「略奪不倫」報道で自民いよいよ崖っ縁

7/27(木) 11:33配信

東スポWeb

 またも男性関係をめぐる負の情報が飛び出した――。女性ボーカル&ダンスグループ「SPEED」元メンバーの今井絵理子参院議員(33=自民党)に、妻子持ちの神戸市議(37=同)との不倫疑惑が浮上した。27日発売の週刊新潮が報じたもので、双方とも男女の関係は否定したが、支持率降下で非常事態の安倍政権を揺るがすスキャンダルにもなりかねない。

【写真】笑顔で初登院する今井絵理子参院議員

 このところの自民党は所属議員のスキャンダルにまみれている。

 最近では、「このハゲーーーッ」と男性秘書に暴言を浴びせ、暴行被害も警察に出された豊田真由子衆院議員(42=離党届提出)がいまだ公の場に姿を見せず、自身の口で何も説明していないことも問題視されている。今春には、不倫相手と重婚が疑われる海外挙式写真を撮影していた中川俊直衆院議員(47)が離党した。

 昨年も、美人妻の金子恵美衆院議員(39)の出産入院中に不倫に走った宮崎謙介衆院議員(36=議員辞職、離党)のスキャンダルが騒動に。さらに今回、参院議員1回生の中でも最も有名な元アイドル・今井氏の不倫醜聞が発覚した形だ。

 このスキャンダルに野党は「安倍・自民党に大打撃を与えた」とほくそ笑む。加計学園問題などに加え、安倍政権への新たな攻撃材料を得たからだ。「30日の横浜市長選、来月の茨城県知事選(27日)、10月の衆院ダブル補選(青森、愛媛)は安倍政権の命運を左右する。無党派層の票は東京都議選と同様、野党に流れるだろう」と民進党関係者は“風向き”が一気に変わると予測する。

 もちろん、自民党内にも大きな衝撃が走った。党内からは当然「今井氏の行為は、投票した有権者に対しての裏切り行為につながる。事情をしっかり説明するのが筋」と厳しい声が上がった。

 今井氏の相手の橋本氏は、夫人と離婚調停中とも報じられた。同期の自民党参院議員は「今井氏は党本部で開かれた都議選の各種団体23区総決起大会で司会進行の大役を務め、今年3月の党大会でもネットメディア局次長として活躍していた。同期同士でツイッターをやり、悩みを打ち明けたりもするんですが、彼女は輪の中に入ってこなかった。不倫報道で『政界は“婚活”の場なのか』と有権者に受け止められるのが寂しい」と嘆いた。

最終更新:7/27(木) 13:06
東スポWeb