ここから本文です

ワニの赤ちゃん続々誕生 東伊豆・熱川バナナワニ園

7/27(木) 8:18配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 東伊豆町奈良本の熱川バナナワニ園で、ワニの赤ちゃんが5頭誕生した。成育状況を見ながら、近く公開する予定。

 ブラジルに生息するアリゲーター科の「クチヒロカイマン」。4月23日の産卵後、ふ卵器で温めていた。予定より約1週間遅れの7月18、19日に次々とふ化した。性別は分かっていない。

 体長21センチ、体重46~49グラムとまだ「超軽量」だが、姿形は成体にそっくり。餌のコオロギで捕食の練習を重ねている。

 1カ月後をめどにミンチ状の鶏肉を与え、徐々に大きな鶏肉を食べるようになるという。

 クチヒロカイマンは小型のワニで、約10年かけて体長1・5メートル前後、体重20~40キロに成長する。絶滅が危惧されているが、熱川バナナワニ園では過去40年間で560頭以上が誕生しているという。

静岡新聞社