ここから本文です

出発進行ニャ 猫ちゃんの隠れ家になりそうな機関車型の爪とぎハウスが登場

7/27(木) 8:10配信

ねとらぼ

 猫ちゃんが中に入って遊ぶこともできる機関車型の爪とぎハウスがフェリシモ猫部から登場しました。

【画像】猫機関車で遊ぶ猫ちゃん

 「働くにゃんこ! 車掌さん気分でくつろげる つめとぎ猫機関車」は段ボール製で組み立て式の猫用の爪とぎハウス。車内の床は爪とぎができる厚さ2センチの段ボールコア製で、天井には猫じゃらしなどで遊べる小さな穴が開いています。

 本体の底面には滑り止めシールが付いており、猫ちゃんが体をスリスリしても大丈夫。車掌室の窓は猫ちゃんがあごを乗せやすい高さになっており、6.5キロの猫ちゃんが入れることも確認されています。

 「働くにゃんこ! 車掌さん気分でくつろげる つめとぎ猫機関車」は、スカイブルー、レトロブラック、ダークレッドの3種類から1種類ずつ届くタイプのコレクション。

 写真撮影が盛り上がりそうな紙製の車掌帽、ナンバープレートや肉球マークのシール、駅標などが付き、価格は月1セット2550円(税別)。うち69円は「フェリシモの猫基金」として飼い主のいない動物の保護などに使われます。

最終更新:7/27(木) 8:10
ねとらぼ