ここから本文です

青梅で小学生向けプログラミング講座 講師に現役SE招く /東京

7/27(木) 9:40配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 パソコン教室などを主宰する「わあん」(TEL 090-4954-7039)が8月20日、おうめ創業支援センター「Begin!」(青梅市東青梅)で子ども向けプログラミング講座を開く。(西多摩経済新聞)

 2020年に小学校でプログラムミング教育の必修化が検討されているが、現在、小学校高学年・中学生などでプログラムに関する知識を得る機会は少ない。わあん代表の田草川さんの元に「プログラミング講座を西多摩で開けないか」という声が寄せられ、講座を企画したという。

 講座名は「夏休み 子ども プログラミング キャンプ LEGO を動かそう!」。講師にはシステムエンジニアとして現役で働く浦野一男さんを招く。講座内容は、「なぜ小学校でプログラミングが必須科目?」「Scratchを知る」「アルゴリズムを知る」「例題に沿ってScratchで制作」「Scratchでいろいろと試してみる」「Scratchでロボットを組み立ててみよう!」。

 開催時間は10時~16時45分。対象は小学校高学年で、定員は10人。当日は筆記用具、USBポート搭載のノートPC(貸し出し有り)、午前のみの場合、iPadでも可。参加費は、午前の部のみ=3,000円(テキスト代込み)、午後の部のみ=5,000円(材料費・テキスト代込み)、全日=7,000円。事前予約が必要で、申し込み締め切りは8月17日。

みんなの経済新聞ネットワーク