ここから本文です

VRで“オンリーワン”の家づくり、「社長の邸宅」プロジェクト

7/27(木) 6:10配信

スマートジャパン

 注文住宅・デザイン住宅を手掛けるフリーダムアーキテクツデザイン(以下、フリーダム)は2017年7月26日、建物価格が1億円以上の住宅を対象とする、会社経営者などの富裕層に向けた家づくりプロジェクト「社長の邸宅」を開始すると発表した。VRを利用した設計手法を活用する他、同社が中心となりながら音響や家具メーカー、さらには世界中のインテリアデザイナーと連携し、土地探しまでを含めたオンリーワンの家づくりを実現するという。

 フリーダムは設立22年目を迎える独立系設計事務所で、現在年間約400棟の注文住宅・デザイン住宅を手掛けている。そのうち数件が建物価格1億円以上の案件になるという。

 同社の代表取締役社長を務める鐘撞正也氏は「富裕層の方にヒアリングをしてみると、多くの方が住宅展示場かネット検索で家づくりの依頼先を決めており、さらに80%以上の人が土地探しから始めている。依頼先にはハウスメーカー、建築家、工務店などがある。しかし、インテリアまでを含め、自分の思いやこだわりを具体化できる住宅設計、さらには土地探しからファイナンスの部分までをカバーできる最適な依頼先は無いのではないかと気付き、このプロジェクトを立ち上げることにした。豪邸の市場をフリーダムが獲りにいく」と語る。

VRでオンリーワンの住宅を設計

 社長の邸宅では、まずフリーダムの専門担当者が顧客の希望エリアでの土地探しを行う。土地が決まった後は、こちらも担当者がサポートし、ローンや資金計画などファイナンスの計画を立て、その後住宅の設計に入る。

 設計において特徴的なのが、VRを活用する点だ。フリーダムでは以前から一部の案件にBIMを導入している。利用しているBIMソフトウェアはAutodesk社の「Revit」だ。初期段階からRevitで設計を行い、外観や内部空間までを全て3Dモデルで作成。そしてこのBIMデータを「Autodesk LIVE」や「Autodesk Stingray」でVRデータに変換し、ヘッドマウントティスプレイ「HTC Vive」で閲覧する仕組みだ。

 フリーダムではこのワークフローを「VRアーキテクツシステム」というサービスとして既に展開している。顧客は3Dモデルの中を実際に歩くように体感し、奥行感や天井高、家具のレイアウトなどを現実に近い感覚で確認できる。導入以降、平面図によるやりとりだけでは分からなかった顧客ニーズの把握や、設計品質の向上に大きく貢献しているという。

 社長の邸宅プロジェクトには、音響、家具、家電メーカーなども参画する。現時点では、バング&オルフセン ジャパン、テクノジム ジャパン、セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ、ニチエス、ジャクソン、グローエジャパン、トーヨーキッチン、ミノッティなどの参画が決まっている。一部のメーカーは、製品の3Dモデルをフリーダムに提供する。大型の家具なども含め、より具体的な住宅空間の3Dモデルを体験できるように支援していく。

インテリアは世界中のデザイナーと連携可能に

 会見に登壇したフリーダムの設計企画部長の長澤信氏は社長の邸宅プロジェクトにつて「高額案件を対象にするからといって、何でも高いものを選択すれば良いということではない。富裕層の方だからこそ、価格や質に対してシビアな目線を持っている。適切かつ最上級のビジネスクラスを目指すというイメージ」と説明する。

 加えて「建築設計者というのは、必ずしも全員がインテリアに関して深い知識を持っているわけではない。建物の中と外のデザイナーというのは、別だと考えている。だが、インテリアデザインというのは家づくりにおいて非常に重要な項目。そこで、インテリアについては世界中のデザイナーと協業していく」と語る。

 世界中のインテリアデザイナーとはどのように協業するのか。今回のプロジェクトでは世界最大級の住宅デザイン・住まいづくりのプラットフォーム「Houzz(ハウズ)」を活用する。Houzzはデザイナーなどの専門家が投稿したインテリアなどの写真を閲覧できるプラットフォーム。好みのデザインを見つけた場合、それを投稿したデザイナーに発注することができる。

 社長の邸宅プロジェクトでは、必要に応じてHouzzで好みのデザイナーを選び、発注する。デザイナーが作成した図面やデータは、フリーダム側で住宅モデルに統合し、VRでも閲覧できるようにするというフローだ。

 今後は2017年9月末までに、VRによるプレゼンテーションを20組限定で行う予定だ。その後は「2~3年後には年間受注数100件を目指す」(鐘撞氏)としている。