ここから本文です

マンチェスター・Cがレアル相手にゴールラッシュ…デ・ブライネは3ゴールに絡む活躍/ICC

7/27(木) 14:29配信

GOAL

■ICC マンチェスター・シティ 4-1 レアル・マドリー

マンチェスター・C:オタメンディ(52分)、スターリング(59分)、ストーンズ(67分)、ディアス(82分)

豪華すぎるメッシ、ベッカムらの豪邸…数十億円の家はまるでCGみたい!【43枚】

レアル・マドリー:オスカル(90分)

26日にインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)が行われ、マンチェスター・シティとレアル・マドリーが対戦した。

3バックを選択したマンチェスター・Cはウィングバックとして早速新加入のカイル・ウォーカー、ダニーロが先発。ダニーロにとっては古巣戦となった。一方のレアル・マドリーはいつもどおりの4-3-3。クリスティアーノ・ロナウドを欠く以外はほぼベストメンバーとなった。

前半をスコアレスで終えると、後半早々にスコアが動く。マンチェスター・CがコーナーキックからDFジョン・ストーンズが高い打点のヘディングで合わせる。GKキコ・カシージャが何とか止めるも、こぼれ球をDFニコラス・オタメンディが難なく押し込んだ。

レアル・マドリーがカウンターからチャンスを作るシーンを見せるも、次にネットを揺らしたのもマンチェスター・C。59分、右サイドでウォーカー、ケヴィン・デ・ブライネと繋いで、守備網を攻略。ラヒーム・スターリングが抜け出すと、角度はそれほどなかったものの、一対一で落ち着いてニアを抜き、追加点を挙げた。

66分にはコーナーキックの流れから、デ・ブライネがDFの股間を抜き、グラウンダーのクロス。これをストーンズが右足でファーへと流し込み、試合を決定づける3点目を挙げた。

3点リードとなったシティは若手選手を入れながらも、ジョゼップ・グアルディオラのトレードマークであるポゼッションを高めていく。すると82分には後半から最前線に入っていた17歳のFWブラヒム・ディアスが中央を突破し、左足で見事なフィニッシュ。ゴール左上へ突き刺し、シティが4点目を奪う。

その後、終了間際にレアルMFオスカルがスーパーなミドルシュートをゴール右上に突き刺すも、マンチェスター・Cが4-1で勝利。ユナイテッドとのダービーマッチに敗れていたシティが、それを忘れさせる大勝劇を披露している。

GOAL

最終更新:7/27(木) 14:31
GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合