ここから本文です

【BMW S1000RR 試乗】コントロール性の高さと安心感が、もっと攻めようという気にさせる…青木タカオ

7/27(木) 11:45配信

レスポンス

ヨーロッパの新排ガス規制ユーロ4に適合させたエキゾーストシステムによって、アンダーカウル後端をカットし、車体色も新しくなった2017年式『S1000RR』に、富士スピードウェイで乗った。

[関連写真]

リッター・スーパースポーツというとスパルタンな乗り味で、手強くて扱いきれないという印象を抱きがちだが、S1000RR は不安なくアクセルを開けられ、車体を寝かせていけるから、いつの間にか走りに夢中になってしまう。

水冷DOHC4バルブ並列4気筒のエンジンパワーは199PSと強烈で、最高出力は1万3500回転で発揮。1万回転を超えてからのパワー感はとてつもない。

しかしパワーデリバリーはスムーズで、「レイン」「スポーツ」「レース」と3つある走行モードをもっともピックアップの鋭いレースに設定してもギクシャクせずにどんどんアクセルを開けていける。

コーナーでの身のこなしも軽快で、1速や2速といった低いギヤを使ってもスムーズに旋回してくれるから、タイトなコーナーが続く公道のワインディングも気持ちよく走ってくれるはずだ。

車体はスピードレンジが上がるほどに安定する印象で、サーキットを走りながらも乗り心地の良さに感心する。これがまた安心感を生み、もっと攻めようとライダーをその気にさせる。

これはまさに“大人のスーパースポーツ”で、サーキットでのスポーツライディングがいつも以上に楽しく、自分の走りに余裕を感じる。

これは高い安全性や操作性を、速さを追求したスーパースポーツであっても必要だとBMWが考えているからで、その哲学が結果的に速さに繋がっているのだ。BMWの流儀が、サーキットでも“強み”になっている。

■5つ星評価
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
コンフォート:★★★★
足着き:★★★
オススメ度:★★★★★

青木タカオ|モーターサイクルジャーナリスト
バイク専門誌編集部員を経て、二輪ジャーナリストに転身。国内外のバイクカルチャーに精通しており、取材経験はアメリカやヨーロッパはもちろん、アフリカや東南アジアにまで及ぶ。自らのMXレース活動や豊富な海外ツーリングで得たノウハウをもとに、独自の視点でオートバイを解説。現在、多数のバイク専門誌、一般総合誌、WEBメディアで執筆中。バイク関連著書もある。

《レスポンス 青木タカオ》

最終更新:7/27(木) 11:45
レスポンス