ここから本文です

矢後が所要2場所で最速新十両 尾車親方「まだヤゴ」改名は“トンボ”になったら

7/27(木) 6:02配信

デイリースポーツ

 日本相撲協会は26日、大相撲秋場所(9月10日初日、両国国技館)の番付編成会議を愛知県体育会館で開き、名古屋場所で幕下優勝した矢後(23)=尾車、大成道(24)=木瀬=の新十両昇進を決めた。中大出身でアマチュア横綱の矢後は遠藤(追手風)、御嶽海(出羽海)らに並び12人目となる所要2場所での最速関取となった。

 師匠・尾車親方(元大関琴風)の現役時代のしこ名にちなみ、同部屋の力士は小結嘉風、幕内豪風ら「風」を付けるのが恒例ながら改名はお預け。師匠は「まだヤゴ。慌ててトンボにならなくても羽がはえ、飛びだしたら付ける」と名前とトンボの幼虫・ヤゴにかけ、出世を期待した。

 大鵬、北の湖、千代の富士ら名横綱を多数輩出した北海道出身。「ふるさとが盛り上がるように」と番付上位への“飛翔”を目指す。