ここから本文です

【巌流島】60歳達人KOの中島、対戦相手がさらに大きくなる

7/27(木) 12:09配信

イーファイト

 9月2日(土)東京・舞浜アンフィシアターで開催される『巌流島 ADAUCHI 2017 in MAIHAMA~サムライたちの仇討ち(REVENGE)~』の対戦カードが一部変更となった。

【フォト】60歳で巌流島の試合に挑んだ達人を容赦なく15秒でマットに沈めた中島

 中島大志(相撲/日本)との対戦が決まっていた濱田敦史(キックボクシング/日本)が、寝技の練習中に首を痛めてドクターストップ。代わってチームドラゴンで同門の斐也(よしなり)が中島と対戦することになった。

 中島は身長171㎝、体重80kgで日体大相撲部出身。2015年7月18日の巌流島・両国国技館大会で60歳の達人・渡邉剛(古流柔術/日本)を15秒でKOして、一躍名をはせた。

 対する斐也はキックボクシングで2勝2敗の戦績と濱田よりキャリアは浅いが、身長184㎝・体重90kgの濱田よりも身長190㎝・体重95kgとかなり大型の重量級ファイターだ。

 数多くの強豪選手を輩出してきたキックボクシングの名門チームドラゴンは、5月大会にエース格の北井智大を送り込むも敗れており、巌流島対策を練って今大会のテーマである“仇討ち(REVENGE)”を果たすことが出来るか。

最終更新:8/1(火) 11:03
イーファイト